池袋スイーツに行列!BAKEチーズタルトにどら焼きDOUでしょ♪

池袋駅はJRや地下鉄有楽町線に丸の内線、副都心線、東上線、西武線など様々な路線が乗り入れています。

街としても大きく繁華街も充実していますが、実は駅ナカもけっこうすごいんです。

特にスイーツ関連のお店では行列している所もありまして、今回はそういったお店のスイーツ、テイクアウト専門店をご紹介します♪

スポンサーリンク


  

池袋のスイーツは行列しても買いたい!

池袋駅の構内は、基本的に碁盤の目のように配置されています。

広いので行き慣れない方は迷ってしまうかもしれませんが、基本的に縦の通路と横の通路の連続ですので、目的のお店は見つけやすいハズです♪

そんな駅ナカに、前を通る度に気になっていたお店があります。毎度すごい行列で、だいたいにおいて並ぶ時間的余裕がなかったので断念していたのですが。。。

ようやくチャンスがやってきましたw

「BAKE」ご存知の方も多いと思います。

オープン当初からずっと行列続きで、最初、一体あの列は何なの?と思っていました。

お店がちょうど切符売り場の脇にあるので、通行を邪魔しないためでしょうね。お店の行列をいったん切って途中の通路を開けておいて、更に行列させるって仕組みだったんですよー。

当然整理するためのスタッフさんもいましたし、ホントすごかったです。

それからだいぶ時間が経ったこともあると思いますが、いまは行列のレベルが落ち着いていますので並ぶのもそれほど苦では無かったです。もしかすると曜日によるかもしれませんが。。

それでは、どの辺りがおすすめなのか詳しくご説明しましょう!

池袋のBAKEでチーズタルト

BAKEのスイーツは何と言ってもチーズタルト。ほかのメニューは一切なく、このチーズタルト一本で勝負しています。もともと北海道札幌市の「きのとや」がルーツだそうですが、さらに美味しいチーズタルトを作ろうと試行錯誤の上に生まれたスイーツです。

これがえらい美味なんですよ~。食べてみれば間違いのない味と分かります。
もともとチーズタルトが嫌いな人でなければ、絶対に美味しい!と思う筈です(笑)

スポンサーリンク

お店のスペースはそれほど大きくないですが、ガラス窓の向こうに製造している様子が丸見え。そしてチーズタルトの山山山!整然と並んだ様子に期待が膨らみますよ♪

さて、食べ方についてもおすすめしちゃいます!

・そのまま食べる!
外側はカリッ中はトロッ。ペロリといただけます。
 
・冷蔵庫で冷やす。
冷たいチーズケーキ感覚でこれまた美味しい。

・冷凍庫で冷やす。
中のチーズクリームがアイスっぽくシャリっとして、これはこれで美味しい。

・食べる直前にトースターで温める。
あったかくてホワッとした食感。出来立ての風味を味わえます!なんだかんだ言ってわたしはこれが一番好きです。

お値段は1個216円。並んでも食べてみて下さい~☆

池袋のどら焼きはDOUでしょ

お気づきと思いますが「DOU」が店名。

2017年5月25日にオープンした出来立てほやほやのお店です。

こちらもBAKEと同じく、生どら焼き一本で勝負しています。売り方のスタイルも製造過程をガラス越しに見せていて、生地、あんこ、生クリームたっぷりの様子を見る事ができます。

どら焼きと言いながら、生地部分はどら焼きらしからぬフワフワ感。これはカステラのような、むしろスポンジケーキと言った方がいいのかも。ひとつの大きさがしっかりあり柔らかく繊細なので、持ち帰り用のケースひとつに付き1個の丁寧さです。パッケージ代もかかってそう。

美味しさのポイントは、甘さ控えめの生地と生クリーム、逆に甘さのあるあんことのバランスが絶妙なんです~。間に入っている求肥に最初気づかなかったので、口に入った瞬間おまけに当たったような嬉しい食感です。

大きさもしっかりありますが、この生地の軽さと抑えられた甘味であっという間に平らげてしまいました。

お値段は1個324円。1人4個までの購入制限があります。お高めですが買って良かったーと思えたお品です。

行列はタイミングによって多かったり少なかったりですが、わたしが平日夕方に行ったときは3~4人待ち程度でした。

まとめ

駅ナカには、他にもイートインのパン屋さんやテイクアウトのお店がたくさんあります。
あれもこれも食べてみたいものばかり!

その中でも、今回ご紹介したスイーツは家族や友達にも食べさせてあげたいお品物です。池袋にお立ち寄りの際には、どうぞお試しくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする