くせ毛の原因は生まれつき?ストレス?種類は?抑えるにはシャンプーも重要?


「くせ毛」で悩んでいます、と言っても人それぞれ。

うねりがある、ちりつく、乾燥する、セットしても決まらない、等々あります。

雨の多い季節、特に梅雨の時期は憂鬱ですよね。一体どうしたらこの悩みが無くなるんだろう、神様にひとつだけ願い事を叶えてもらえるなら、直毛にして下さいって言うのに。

思春期の頃は本当にそう思っていました( ノД`)


実は、くせ毛にはいくつか種類がある事をご存知でしょうか?


まずは原因から見てみましょう。


スポンサーリンク
  

くせ毛の原因は生まれつきなの?

先天的なものと後天的なものがあります。

先天的なものは親からの遺伝です。

片親だけくせ毛の場合70%、両親ともにくせ毛の場合は90%の確率で、子どももくせ毛となります。

くせ毛が圧倒的に優勢ですね。

また、子どもの頃は直毛なのに、ある時期からくせ毛になる事もありますよね。

これは急にくせ毛になった訳ではありません。

本来くせ毛だったのが、子どもの頃は髪が細く柔らかいので、くせ毛があまり目立たなかった為にそう感じるのです。成長するにつれ髪もしっかりとしてきますので、くせもしっかりと出てくるようになる訳です。

これは逆の事も言えます。

加齢とともに髪がやせ細ってくると、その分くせの強さは目立たなくなってきます。

後天的なものは、刺激の強いシャンプーや洗い過ぎによる皮脂の分泌過剰、スタイリング剤等の汚れが毛穴に残ってしまった事によります。

また、ダイエットや日々の不摂生が原因で、髪に栄養が行き渡らない為に髪の太さが均一で無くなり、くせが出る事も考えられます。

現代社会においては、ストレスも要因のひとつです。

このように様々な原因があります。

くせ毛の種類は色々ある?

調べてみると、いろいろなタイプがある事が分かりました。


◎波状毛
波状毛はアジア人に最も多く、波にようにうねる髪質です。
くせ毛としては扱いやすく、アレンジによっては、直毛より決まり易いかもしれません。


◎縮毛
黒人に多く縮れた状態の髪です。強いくせ毛なので、通常のセットだけではどうにもなりません。


◎捻転毛
頭皮の毛穴が歪んでいる為、毛の太さが不均一でねじれています。まとまりが悪くスタイリングがしづらいくせ毛です。また、乾燥しやすい為、つや感が無くなります。
私はこのタイプです。とても扱いづらく、ちりつき感も多少あるので、湿気のある時期は非常に苦労します。


◎連球毛
髪がでこぼこしていて、細い部分は切れやすくなります。後天的な栄養不足でなる事もあります。パーマやカラーなどのダメージを受けやすいくせ毛です。


これだけ種類があるのですから、人によってくせ毛の悩みが違うのも当然ですね。

スポンサーリンク

くせ毛を抑えるにはシャンプーも重要?

くせ毛を改善する方法ですが、お悩みの方はきっといろいろ試されてきたことでしょう。

直毛のサラサラに憧れますよね。

元からのくせ毛は、さすがにそこまでサラサラにはなりませんが、手を掛ければある程度改善できます。

当然知ってるよ、と思われる事でも、毎日の積み重ねで変わっていきますので、諦めずにやってみませんか?


~まずは自分で出来る事~

・自然乾燥は、髪のキューティクルが剝がれやすくなるので厳禁。

・丁寧にタオルドライをしたら(ゴシゴシするのは×です)濡れているうちにドライヤーでしっかりと熱をかけ乾かすこと。

・行きつけの美容院では、髪を引っ張りながら乾かすとくせが伸びると聞きました。

・髪に栄養を届けるため、栄養バランスを考え、よく噛んで食事をする。よく噛むと栄養が腸に吸収されやすくなります。

・睡眠リズムを整える。夜10時~2時のゴールデンタイムに質の良い睡眠を。

・ストレスを溜めないこと。

梅雨時などの湿気が多い時期には、頑張って努力しても、いやーなくせが出てしまいますよね。
そうなると、自分の力ではどうにもなりません。

素直に他力本願と行きましょう^^


~外的アイテムに頼る~

・マイナスイオンドライヤーやヘアアイロンを使う事で、髪の水分保持、うるおいと艶を与える。

・頭皮を清潔に保ち、くせ毛に良いとされるシャンプーやトリートメントを使う。

◆おすすめしたいのは!


今まで色々試しましたが、私はこちらの「F.プロテクト」を使うようになってから、髪のまとまりがだいぶ良くなりました。

それでも新しいシャンプーが出ると、パッケージや香りが気になるので試したくなります。

ですが、他のシャンプーに浮気しても、やっぱりコレに戻ってしまうのは私に合っているんでしょうね~。

そうとう長くリピートしてます^^

軽やかにしたい、しっとりさせたいなどお好みの使用感を選べますので、良かったらお試しくださいね!

とは言え、梅雨時の湿気には対抗はできませんので、他の方法も併用します。

・天然オイル(ベタベタしないもの)やスタイリング剤を取り入れる。

・縮毛矯正をかける。

但し、痛むので梅雨時など季節を限定する。

また、まっすぐになり過ぎない、くせ毛を活かしたかけ方もあります。

まずは美容師さんに相談してみましょう。

まとめ


・くせ毛には先天的、後天的なものがある。

・くせ毛の種類は人それぞれ。自分がどのタイプかで対処方法も違ってくる。

・日々の自己管理と共に、自分に合ったアイテムを使って改善。

いかがでしたでしょうか?

完全に直毛にする事はできませんが、ちょっとラクにする方法はあります。

ご自身に合った方法を見つけて、自分の髪が好きになれますように☆

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする