唇が乾燥で切れるのは女子力低い!?対処法や予防におすすめ2つ☆

唇って皮膚が一番薄くてとってもデリケートな部分です。

少し体調が悪かったり、リップクリームや口紅が合わないと荒れたり…

そんなときはあまり見てほしくないけれど、じつは一番目が行く部分ですよね^^;

唇がカサカサで切れる!?血が出ちゃう?

なんて、がっかりしちゃいますね。

こちらでは、私なりの対処法と予防におすすめしたいアイテムについてお話ししています♪

ご参考にどうぞ~^^

スポンサーリンク


唇が乾燥で切れるのは女子力低い?

唇は皮膚が薄いので、ほんの少しのトラブルで乾燥を引き起こしてしまうんですよね。

唇が乾燥していると不健康な顔に見えたり、口紅がうまくのらない…など残念なことばかり。

女子力が高い方はそれが許せなくて、しっかりとケアをしてトラブルを回避!

それとは逆に、唇が乾燥して血が出ているにもかかわらず…何のケアもしない

すると...  

⇓ ⇓

どんどんひどくなっていく

⇓ ⇓

治るのに時間がかかる

⇓ ⇓

最低限のケアもできない

⇓ ⇓

つまり

残念ですが女子力低め…!

と思われても仕方ないかも!?

体調不良からくる唇の荒れは、まあ仕方ないですが..。

唇の汚れや摩擦も乾燥につながるので、こまめにお手入れしてプルプルの唇を手に入れましょ!

唇の乾燥したときの対処法を教えます!

私は唇が荒れた時はいつも「はちみつ」を使います。

幼い頃、唇が荒れると母が唇にはちみつを塗ってくれていました。

小さな頃は母が塗った甘ーいはちみつをすぐになめてしまい、注意された記憶があります^^;

昔からの教えはいまでも大切にしています☆


そしてこの頃は、友人がはちみつ屋さんに勤めていることもあり、純粋な国産はちみつが手に入るのでオススメのリップケアなどを教えてもらっています。

また、はちみつには殺菌作用があるので、唇の雑菌が増えるのを抑え、乾燥による唇トラブルにも大活躍してくれるんですよ。

*はちみつでアレルギー反応が出る場合がありますので、ご注意ください。
*1歳未満の子どもには与えないで下さい。


それでは「みんなの憧れ!女子力高めのプルプル唇に!はちみつリップケア」をご紹介しますね!

これは、湿度と適度な温度のあるバスタイムにケアするのがおススメです。

◆用意するもの

①純粋なはちみつ(不純物が入っていないこと)

②木ベラ(金属製のスプーンなどではちみつに触れるとはちみつの効果が減少します。)

③ラップ

◆ケアの仕方

準備ができたら、唇にたーっぷりのはちみつを優しく塗ってくださいね。(決してこすらないでくださいね)

塗り終えたら、ラップでパックしてください。ラップパックをしたまま、湯船でリラックスタイムを過ごしながらラップパックをするとさらに効果アップです。

次に乾燥を通り越し、皮がめくれたり、出血してしまったり、ヒリヒリする時の対処法についてです。

私の場合はヒリヒリして唇の周りがかゆくなることが度々あったので、皮膚科にお世話になりました。

切れてしまったり痛みが出ている場合は、病院へかかるようにしてください。


いや~、病院に行くほどじゃないよ…と思う方は、ドラッグストアにいる薬剤師さんに相談してみてくださいね。

あくまでリップクリームは保湿ケア用なので、出血などを治すのには向いていないです。

みなさんも唇の状態に合うリップクリームを選んで下さいね!

スポンサーリンク

唇の乾燥予防におすすめしたいグッズは2つ!

私は唇の調子が悪いと、なんだか憂鬱になってしまいます。

なんとなく落ち着かない感じがして…

そんな状態がイヤだから、睡眠前にはお気に入りの「ミツロウバーム」で常にケアしています。

すごく乾燥している時はミツロウバームを少し多めにつけて寝ると、翌朝までしっとり保湿されて唇が守られているって感じです。

特に冬は毎晩使ってます!


もう一つは…シャネルのリップバーム。

こちらはカメリア プレシャス オイルがカサカサな唇にみずみずしさを与えて、女子力の高いプルプルの唇にしてくれます。

パッケージも素敵で私のお気に入りです^^

少々、お値段が高めなので、自分へのご褒美として大切に使ってます!

まとめ

唇の荒れは放置しない=プルプルの唇への近道です。

荒れてしまう前の段階で、ちょっと乾燥してきたなと思ったら、すぐにリップクリームを塗る!

これが大切ですよ。

女子力低い!なんて言われないように、リップクリームで日頃からケアしていきましょー。


バスタイムや寝る前にはスペシャルケアでリラックス~。

特別な時にはご褒美ケアで、プチエステ気分を楽しんでも良いかもしれませんね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする