イスタンブール新空港のアクセス・ラウンジ・ホテル体験談!年末年始行ってきます

待ちわびた方も多いのではないでしょうか☆

いよいよイスタンブール新空港が開港しましたね。

2019年のお正月なのですが、私は元旦から3日までイスタンブール旅行を計画しています。

しかし、乗る予定の飛行機が旧空港に着くのか、それとも新空港に着くのか、じつはまだ分からないのです。

年末年始の慌ただしい時期に全面的に切り替わるというウワサなのですが、どちらに着くのが分からないってすごくドキドキします!

果たしてどうなるか!?

その新空港にまつわる情報を整理してみました。

*旅行から戻り次第、後日談もを載せる予定です^^

スポンサーリンク

イスタンブール新空港の全面開港が延期に!?

ついにイスタンブール新空港が開港しましたね。

10月29日にエルドアン大統領も出席し、イスタンブール新空港の開港式が行われました。

当初の計画では、この開港式にあわせて従来のアタチュルク空港から全面的に移行される計画でしたが、工事の遅れなどにより当面は一部フライトのみの使用となっています。

アタチュルク空港からの全面移行は12月31日以降になるようです。

空港の3レターコード(成田ならNRT)も、全面移行するまでは従来のアタテュルク空港がISTで、新空港がISLとなっています。

しかし全面移行後にアタテュルク空港は閉鎖になるので、ISTは新空港が引継ぐようです。

ちょっとややこしいですが、

✅ 全面移行する12月30日まで⇒新空港は一部フライトのみ

これを利用する人もほとんどいないと思われますので、12月31日からは新空港がISTを引き継ぐことだけわかっていればいいでしょう。

ですので12月30日以前にISLという見慣れないコードが出てきたら、新空港となる可能性大!

そして心配なのが、ほんとうに全面移行されるのかと言う事。

まさかこれ以上の延期!?は無いと思いますが、こればかりは何とも言えません^^;

⇓ このようなツイートもあるので、近々情報更新されてほしいですね。

さてこのイスタンブール新空港ですが、段階的に工事を進めていき、最終的には世界最大のハブ空港にするようです。

イスタンブールはアジアとヨーロッパを結ぶ交通の要衝として、ますます発展することでしょう。

ちなみにイスタンブールのもう一つの国際空港、サビハ・ギョクチェン空港は引き続き使用されます。

イスタンブール新空港のラウンジは?

現在のアタテュルク空港にあるターキッシュエアラインズのラウンジも、かなり巨大なラウンジですが、これをさらに大きく上回る規模のとの話がちらほら。

私は元旦にこの新空港へ到着予定です。

到着時はアライバルラウンジで我慢し、出発時にこの巨大なラウンジを探検してみたいと思います。

が、そのときまでにどこまでできているか?

もしかしたら、全くできていないかも!?

せっかくなので新空港を見たいのですが、どうなるかまったく分かりません。

⇓ こちらはアタチュルク空港のトルコ航空ラウンジ。寛げそうですね~。

スポンサーリンク

イスタンブール新空港のアクセス

現在建設中の地下鉄M11が開通すれば、イスタンブール市内から新空港までのアクセスも早くなり、非常に便利になるようです。

しかし2019年末以降の開通予定なので、まだ利用できません。

よって、しばらくはバスがメインのアクセス手段になるようです。

このバスも、いまはまだいくつかの路線のみの運行のようで、イスタンブール市内についても新市街はタクシム、旧市街はイェニカプのみとなりそうです。

バスの時刻表はこちら。

✅バス時刻表

アタチュルク空港からの全面移行後は、ルートも増え旧市街はスィルケジ行も運行されるようです。

これらがいつ開通するのかは不明なので、今の段階で予定をたてるのならば、まずはタクシムかイェニカプに入る前提で予定を組んでおいたほうがいいかもしれませんね。

イスタンブール新空港ならホテルはどこにする?

今回、予定している飛行機が旧空港着なのか新空港着なのかはっきりしない状態なので、ホテル選びにはかなり悩みました。

そこで、予約したホテルなのですが、実はこのスィルケジ行のバスがねらい。

新空港が開通していれば、イスタンブール新空港からスィルケジまでバスで行き、トラムヴァイT1に乗り換えて、ギュルハネかスルタンアフメットで下車するとアクセスしやすいホテルなのです。

また、今回の旅行で観光する場所はアヤソフィア、トプカピ宮殿、ブルーモスク、グランバザールなどの旧市街を中心に、もし行ければ、中世一の堅牢を誇っていた三重の城壁(テオドシウス城壁)跡や新市街など、その周辺にも足を延ばそうかと考えています。

そういった意味でも便利で動きやすい場所で探したワケです。

ただ、アタチュルク空港からイスタンブール新空港への移行がどうなるかわからない状況での宿探しです。

使用する空港がアタテュルク空港か新空港のどちらになってもそれほど困らず、安価で、観光に便がよく、且つ、小学生の娘が同行するのでそれなりに設備が整っているところ、として選んだのがこちら。

Anadolu Hotel

住所:Alemdar Mahallesi Yerebatan Caddesi Salkımsöğüt Sokak No:3, Sultanahmet, 34110 Fatih,

電話:90 212 512 1035

https://www.anadoluhotel.com/ja-jp

ただ、新空港からスィルケジ行のバスは、今回の旅行ではまだ開通していない可能性も考えられます。

その場合は、

①イェニカプ行のバスに乗ってトラムヴァイT1に乗り換える。

②いっそのことタクシム行のバスにのって、ホテルに向かう前についでにガラタ地区を少し見たり、趣のあるノスタルジックトラムヴァイのT2に乗ったり見たりしたあと、ホテルに向かってもいいかも。

と考えています。



まとめ

・新空港のフライトは12月30日までは一部のみで、12月31日からはアタチュルク空港から全面移行される見込み。

・ターキッシュエアラインズの巨大なラウンジは、いつ開業するかはまだ不明。

・アクセスは当面バスのみ。

私は年明け元旦早朝にイスタンブールに到着、1月3日まで滞在する予定です。

あれこれ心配していますが、フタを開けたらアタチュルク空港だった!?なんて事もあり得るワケです。

さてどうなることやら。

こうご期待!!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする