箱根登山鉄道のあじさい見頃は?ライトアップやおすすめも♪

箱根登山鉄道沿線のあじさいを見に行きませんか?
あじさいの開花は6月半ば頃からです。

箱根登山電車は、別名「あじさい電車」として有名ですよね。

標高の高低差があり、場所によって見頃が違っていますので、長く楽しむことができます。夜にはライトアップもあり、昼間のあじさいとは趣の違う姿を鑑賞いただけますよ。

美味しい食事や温泉も、お時間に余裕があるならゼヒお立ち寄りくださいね♪

スポンサーリンク
  

箱根登山鉄道のあじさいの見頃は?

箱根湯本駅から終点の強羅駅まで、標高差が400メートル以上もある「あじさい電車」

あじさいは6月頃から順々に開花となりますが、標高の高いところでは7月中旬頃まで鑑賞できるんです。

線路の両脇に、赤紫、濃い青、紫、薄い青、白など、言葉には表せないほど色とりどりのあじさいが咲く様子は、これでもか~と車窓に迫って来ますので、それはもう圧巻です。

電車は日本一の急勾配を、ゆっくりゆっくりと登って行きます。
スイッチバックと言って、何度も切り替えポイントがあり、車両の前後(向き)が変わるので、おっ、今度は右側!?次は左側!?と飽きさせません。途中撮影ポイントもあります。

あじさいを存分に満喫するなら、できれば一番前か一番後ろの席を確保されると、車掌さんの頭越しに鑑賞することも可能です。
ちなみに、昼夜どちらも全席自由席です。

◆あじさい電車の乗り方

その1 箱根湯本駅からスタート、大平台・宮ノ下・強羅へと登るパターン。

その2 強羅駅から下って行くパターン。

箱根湯本駅~強羅駅は、片道40分程度。1時間に4本運行しています。
どちらか一方でも良いですし、登山バージョンと下山バージョンの両方を楽しむのもありですね。

スポンサーリンク


◆あちこち観光するなら、移動には箱根フリーパスがお得♪

強羅より先へ行くなら、ケーブルカーで早雲山、ロープウェイで大涌谷へ観光されても良いですね。箱根ならではの険しい山々の様子や、温泉地を堪能できます。
お時間があれば、さらにその先の桃源台や芦ノ湖の箱根海賊船もおすすめです。

フリーパスの料金 : 大人5、140円 こども1,500円

夜のライトアップを見るなら

「夜のあじさい号」では、ライトアップされた沿線6か所のあじさいを鑑賞することができます。昼間とは違った趣で鑑賞の価値ありですよ。ライトアップポイントでは、車内の照明を落とし、ゆっくり進みます。ただし、こちらは全席指定のため、予約が必要ですのでご注意を!

◆ライトアップされる場所

箱根湯本駅先、大平台駅先、温泉幼稚園先、小涌谷駅先、車川、彫刻の森付近

◆2017年度の運転期間

6月17日(土)~7月2日(日)で臨時運転されます。

*あじさいのライトアップは7月9日(日)までとなります。

◆撮影ポイント

宮ノ下駅(強羅行)
塔ノ沢駅(箱根湯本行)

電車から降りて撮影する時間が設けられています。

予約受付について

6月1日(木)~6月30日(金)
平日の9:30~17:00
予約センター電話 : 0465-32-8787

夜のあじさい号の料金

片道の座席料 : 大人310円 小児160円
片道の運賃  : 大人400円 小児200円

予約制のため、座席料と運賃の両方が必要です。
運賃は、箱根フリーパスでも利用できます。

 

おすすめ寄り道ポイントはココへ♪

◆あじさい電車「塔ノ沢駅」

ホーム脇に、深沢銭洗弁財天が祀られています。
諭吉さんや一葉さん、英世さんなどの紙幣を洗う場合は、くれぐれも破らないように気を付けてくださいね。

◆日帰り温泉のおすすめ

「かっぱの湯」
加水や加温なし、源泉かけ流しの入浴施設。
岩と緑に囲まれた露天風呂があり、箱根湯本駅から徒歩3分で行けます。

◆蕎麦屋「はつ花」

自然薯を練り込んだ蕎麦、美味しいです~。
http://www.hatsuhana.co.jp/index.htm

まとめ

箱根登山鉄道は、普段から生活に密着した電車として運行しています。
あじさいの時期はいつより混雑しますが、始発駅なら、一本見送るとか調整すれば、なんとか座れます♪

せっかくの季節限定の楽しみですから、しっかりと堪能しましょう~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする