白川水源でホタルが飛ぶ!アクセスと地震の影響に駐車場は混まない?


綺麗に透き通った水が湧き出る様子を見ることができる、白川水源。

熊本の観光地として人気なスポットです(*^^*)

湧き水は美味しく自由に持ち帰ることができますし、湧いてくる水によって砂が動いている様子が面白く、ずっと見ていても飽きません^^

周りには自然もお土産屋さんも充実していて、楽し気です。

そんな白川水源では、シーズンになるとホタルが舞う姿を鑑賞することができます!


今回は、白川水源でホタルが見られる時期やアクセス方法、駐車場情報、地震の影響についてご紹介していきます♪

スポンサーリンク

白川水源でホタルが見られる時期はいつ?



白川水源は、日本の名水百選にも選ばれています。

ホタルは水がきれいな場所でしか生きていくことができません。

年々数が減ってきていますが、白川水源ではいまでもホタルを鑑賞することができます。


白川水源でホタルが見られるのは“6月中旬”

見られる場所は、白川水源まで続く参道沿いの小川になります。

ただ、ホタルが見られる期間や数は、その年の気候によって違ってきます。

涼しい日が続いたときには、7月に入ってからでも見ることができる年もあります。

反対に、雨が多かった年や早いうちから気温が上がった年には、ホタルの数も少なくなってしまいます。

そんなふうに、見られる期間や数は年によって違うものの、例年6月中であればホタルを見ることができますよ(*^^*)


ちなみに、ホタルが舞うのを見やすい条件というのもあります。

・雨が降っていない日

・風が弱い日

・むしむしとした日

・月明かりがなく、曇っている日

・日没後、19時半~20時過ぎ頃


これらはお出かけの際の参考にしてくださいね♪

毎日忙しくお仕事をしている中で見るホタルには、ホッと癒されます^^

スポンサーリンク

白川水源へのアクセスと地震の影響

熊本、特に阿蘇方面での観光での心配事と言えば、地震の影響だと思います。

大きな揺れのあった阿蘇地方の被害は、ニュースでも何度も取り上げられていたので、心配になるのも当然ですよね。

スポンサーリンク

熊本に住んでいる私でも、少し離れた阿蘇の被害状況はテレビでしか見ることができなかったので…。

確かに、地震直後の阿蘇の道路や橋、トンネルなどの被災状況は厳しく、現地へ行くルートが限られていたり、現地入りができなかったりした時期もありました。

でも、今では復旧が進んで、阿蘇の観光地にも行くことができますよ♪

白川水源と周辺の施設への直接的な地震の被害は少なく、いまでも問題もありません。

周辺のお店も営業していますし、湧き水の量や濁りなどの情報も見当たりません。


●所在地

熊本県阿蘇郡南阿蘇村大字白川

●アクセス方法

南阿蘇鉄道 阿蘇白川駅から歩いて15分。

熊本ICから国道57号線を阿蘇方面へ、立野の大橋を渡って国道325号線をまっすぐ。

白川水源の駐車場は混まない?


白川水源周辺には、合わせて100台分程度の駐車場が何か所か用意されています。

場所は国道325号線沿い、白川水源の前後にあります。

駐車場料金は無料です^^


混雑状況ですが、私がお盆のお休みの時期に白川水源に行ったときでも停めることができたので、駐車場で困ることはないのかな、と思います。

また、白川水源周辺のお店はだいたい17時頃で閉まるので、ホタルの見やすい夕方、暗くなってくる時間帯であればもっと空いているのではないでしょうか。

まとめ

以上、白川水源でホタルが見られる時期や、アクセス方法、駐車場情報、地震の被害についてご紹介しました!

白川水源は湧き水が綺麗で、定期的に汲みに来る人もいるほど。

環境の良い白川水源では、ホタルも生きていけます^^


ホタルが見られる時期は、6月中旬。

ホタルを見ることができる条件もご紹介しましたので、行く日を決める時には是非参考にしてくださいね♪


駐車場も無料で停めることができますし、地震の影響も少なく、安心してもらって大丈夫です。

是非、自然やホタルに癒されてきてくださいね(*^^*)

✅こちらの記事もどうぞ~。⇓⇓
阿蘇の大観峰で雲海を!アクセスはバス?地震の影響とラピュタの道

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする