ダイエットの食事制限なし!運動するなら3分食事はコレで☆

食事制限でダイエットをするとはどういう事なんでしょう?

単に食事量を減らせば痩せる、と思っていませんか?

食制制限とは、本来、食事の制限と管理をする事です。

そして、それは一過性で終わるものではありません。

その時だけちょっと食事を我慢して痩せたとしても、普段の食事に戻したらまた太るのは当たり前ですね。

正しい知識を持ち、危険なダイエットは止めて、きちんと痩せられるようにしたいですね。

スポンサーリンク


  

ダイエットの食事制限なし!

そもそもなぜ、ダイエットをしたいのでしょう。

痩せたい、という気持ちは、誰でも多かれ少なかれありますよね。
でも、ただ痩せれば良いのでしょうか。痩せれば良い事があるのでしょうか。

痩せれば、きっとその先に素晴らしい人生が待っている、と思っていませんか?

今の自分を変えたい、という気持ち。
ダイエットで痩せれば、叶うような気がするんですよね。

周りから見たら、本当のところそれほど気にする必要は無いのかもしれません。
このままでもいいのかも。。。

でも、変えたい気持ち自体は悪い事ではありません。

自分を否定したり、嫌いだったり、そんな事も理由のひとつかもしれませんが、変わる事で自信を持てるなら、頑張る価値はあります。

ただし、間違った痩せ方をしたら、お肌はガサガサ&髪もボサボサ、何をするにも元気が出なくて最悪です。1か月で10キロ痩せるとか、無理な目標を掲げたり、食事の量を極端に減らして過激にダイエットする。それがゴールですか?ただ痩せることだけが目的ではないですよね?

痩せるなら美しく綺麗になりたい、それが大切だと思います。

お肌はツヤツヤに、健康的に痩せられるようにしていきましょう~。

ダイエットの運動するなら3分で

まず、痩せるためには、摂取量<消費量となる必要があります。

摂取量を減らせば、基本的に体重は落ちます。
ですが、食事を減らすだけでは不健康に痩せます。止めれば元の木阿弥、リバウンドもしますよね。

それは、摂取量が少なくなった事により、身体が飢餓状態になったと脳が判断し、大変だ!省エネしなきゃ、と消費量を節約する体質となったためです。そのため、摂取量を減らしても思ったように体重が落ちなくなり、普段の生活に戻ると、簡単に元通りになってしまいます。そして、大切な栄養素が採れないために、栄養バランスも崩れてしまうのです。

ではどうするか?

◎食事制限は適度に、必要な栄養をしっかり摂る。

◎カロリー消費量を増やす

消費量を増やす2つの方法

◆ひとつ目の方法 ⇒ 運動をする

運動を行っているときは、当然ながらカロリーを消費します。
手っ取り早いのは、有酸素運動です。一般的にジョギングやサイクリングを1時間すれば、500kcal程度のカロリー消費になります。

運動をしている時はカロリー消費ができますが、毎日1時間、普段の生活に取り入れるのは現実的ではありませんよね。

さらに、いきなり有酸素運動ばかりを行って体重が落ちたとしても、自分の食事が適切なものか分からなくなります。ずっと有酸素運動を続けていくには、モチベーションの維持とそれに掛ける時間の確保が問題になってきます。

それはつまり、カロリー消費量を継続的に増やすことにはならないのです。

短期間で一気に痩せる事が目的ではないですよね?
とにかく、健康的でキレイに♪これを忘れてはいけません。

スポンサーリンク

◆ふたつ目の方法 ⇒ 基礎代謝を上げる

このためには、運動によって筋肉量を増加させるか、食材の種類を選ぶことによって、カロリーを消費する基礎代謝量自体を上げる必要があります。

有酸素運動では、頑張りすぎると脂肪ではなく、内臓量や筋肉量が減ってしまうので注意が必要です。
水ばかり飲んでも、排出できる健康な身体が無ければ、むくんでむしろ太りやすくなってしまいます。

ですので、軽いストレッチをしたり、筋トレをするのが有効です。

とくに女性は、筋トレなどのトレーニングで、男性よりも脂肪燃焼しやすいんですよ。筋肉を付ければ代謝量が上がるので、脂肪を燃焼しやすい身体になります。スタミナも付いてきますし、日々の活力が湧いてやる気もアップ!お肌もツヤツヤしてきて、いい事ずくめ♪

筋肉が付いてくると、筋肉は重いので最初のうちは体重が増えるかもしれません。ですが、それは基礎代謝量を上げるための種まきの時期なのです。ひたすら辛抱です。いずれ、綺麗に痩せ始めますよ。

そして、実際に行う筋トレですが、なんと1日3分程度で良いのです。ただし、負荷のキツめなものを行います。

例えば、スクワットならゆ~っくり下がり、ゆ~っくり上がる。
10回行うのが精いっぱいなキツさがおすすめです。(この時、ヒザを前に出さないように注意)

もうひとつ大切なのは、間食しない事。こればかりは、鉄の意志で耐えるしかないのですが、ストイックに続けるのは辛いですよね。そこで!甘いも好きな方にはこれぞという方法が。

筋トレ直後の30分以内に

たんぱく質と甘いものを食べるのは

筋力アップの近道

もちろん食べ過ぎはダメですよ~。実際に食べて良い目安は、下記となります。

たんぱく質: 牛乳ならコップ1杯。
糖質   : プリンなら1個、又はアイスなら半分程度。

甘いものが好きではないなら、筋トレ直後に食事をしても大丈夫ですよ。
どうでしょう?試してみてはいかがでしょうか?

ダイエットの食事でおすすめはコレ

では、食事の内容ですが、イチオシは糖質オフの食事です。

もしかして食事制限って感じがしますか?
基本を押さえれば、それほどツラいものではありませんし、これこそ食事の管理です。

メインの食事を

肉、卵、チーズ

にするだけなんです。

肉の種類はなんでも構いません。部位もこだわらなくて大丈夫。バラ肉とかの脂たっぷりでも問題ないので、1日に200グラム程度採るようにします。

卵は、栄養価が高く、完全食品と言われていますね。1日に3個程度食べて下さい。

チーズは、牛乳よりも栄養価が高くカルシウムも豊富です。1日に100グラムは採ってOKですよ。

これらを朝昼夜で食べるのですが、小腹がすいたら、間食として量を増やして食べても大丈夫です。

◆逆に、控えなくてはならないのが炭水化物

じつは、ここが一番のネックなのですが、炭水化物=糖質 を控えれば、体重はぐんぐん落ちていきます。

とは言っても、どうしても食べたくなってしまうあなたに!
ムリに我慢を続けると反動が来てしまうかもしれないので。。。

そんな時は、肉、卵、チーズを食べた後、それでも満足できなかったの場合ですよ!?

ほんのちょっとのごはんやパンを食べましょう。
それも、玄米やライ麦パンなどがおすすめです。

白米や普通の小麦粉のパンは、極力採らないようにしてくださいね。

まとめ

ほんの少しの筋トレと糖質オフの食事。

毎日続けていく事で、身体は変わって行きます。

不思議なことに、炭水化物を沢山採らない生活が続くと、食べたい、という欲求もだんだんと少なくなってくるんですよね。

こういった運動と食生活は、一過性のものではなく、続けることで将来的にも健康な生活を送る事ができます。いつまでも元気で綺麗に、若々しくいられるようにしたいものですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする