新座柳瀬川の花火はいつ?開催場所や行き方と見どころは?


知る人ぞ知る、埼玉県新座市で行われる「ふれあい祭り」

毎年、新座市民や近隣住民が集まるお祭りとして皆楽しみにしていますが、じつはここで上がる花火が侮れないんです!

地元感溢れるお祭りですが、間近で上がる花火は必見。

お祭りの開催日時や見どころ、開催場所などをご紹介しますので是非いらしてみてください♪

こちらもどうぞ~ ⇓⇓
柳瀬川の花火で交通規制☆注意点や情報。志木からはバス?

スポンサーリンク
  

新座柳瀬川の花火はいつあるの?

こちらのお祭りは、そろそろ夏休みも終わりとなる8月末の土曜日に開催されます。

2016年度は8月20日、2015年度は8月22日でした。

残念ながら2016年・2017年は雨天のため中止だったので、今年こそ!是非開催してほしいですね。

2年連続で中止ってかなり悲しいです。

夜店の食材も、どれだけもったいないことになったかと想像できます( ノД`)シクシク…

その日のために準備された関係者の方々も、それはそれは落胆されたことでしょう。

こればかりは天候頼みなのでどうしようもないのですが。。

しかし!

今年はちょっと違います^^

まずは2018年度の開催日が決定しましたのでお知らせします。

8月18日(土)

そして2年連続中止の轍を踏まないために、今年は予備日が設定されました。

8月19日(日)

...良かった(´▽`*)

だからと言って絶対大丈夫とは言い切れませんが、てるてる坊主を飾ってお願いしましょう☆

予備日の開催の場合、一部の催し物は行われない可能性があります。

夜店によっては翌日出店できないこともあるようです。

とは言え...
規模が小さくなったとしても、やはりなんとか開催して欲しい~~。

今年こそ花火が見たいっ!!

◆屋台について

屋台で販売されるメニューは、定番の焼きそばや焼き鳥、からあげ、チヂミ、イカ焼きなど食べきれないほど出店しています。

しかも、地域密着型のお祭りとして町内会や自治会などが主催しているためリーズナブル!

懐に優しいんです~。

お腹いっぱい食べられるので大満足ですよ。

子ども向けには、光るオモチャや綿菓子、金魚すくいもありましたね。

ファミリーにもおすすめです。

柳瀬川の花火の開催場所と行き方

例年、新座第四中学校の校庭がメイン会場となっています。


◆アクセスについて

~電車とバスの場合

東武東上線・志木駅南口から東武バス・西武バスの共同運行。
「新座団地」行き、「団地南」で下車。   

JR武蔵野線・新座駅北入口から西武バス 
1日4本程度の運行
「志木駅南口”大和田経由”」行き、「新座団地入口」で下車。  

~徒歩の場合

東武東上線柳瀬川駅、JR武蔵野線新座駅が最寄り駅となりますが、どちらからも徒歩だと20分近くかかります。

~自転車の場合

三角公園は駐輪場として使用できますので、近隣の方、脚力に自信のある方は自転車でいらしてはどうでしょう?


~車の場合

昨年は当日19:00~21:30に交通規制の実施予定でした。

今年も周辺道路は交通規制が敷かれる筈です。

場所によっては渋滞も予想されます。

車で会場近くまで行くのはなるべく避けて下さいね。

どうしても車、と言う方には奥の手をご紹介!

柳瀬川を挟んだ中学校の対岸で、徒歩10分ほどの距離にOSCデオシティ新座というショッピングモールがあります。

スポンサーリンク

こちらの駐車場は1、000台分あり無料で停める事が出来ます。

ただし、基本的にOSCのお客さま向けになります。

人出が多く停められない事もあるかもしれませんのでご注意くださいね。

柳瀬川の花火の見どころとは


校庭の中央には櫓が組まれ盆踊りをしたり、校庭の端から端まで屋台も数多く並びますので、お祭りの雰囲気に盛り上がっていきます。

ご参考までに、2016年度に配られた予定スケジュールを載せておきますね☆

10:00 四中の演奏がスタート

10:30 子どもの山車・みこしが町内を回ります

その間にも、夜店として20店以上が準備に大わらわです。

17:00 会場演奏の新開小、新座小、四中が盛り上げてくれます。

この頃になると、花火の場所取りをする人達がやってきます。

櫓を中心とした盆踊りをするエリアと花火を見る観覧場所はロープで分けられていますので、何となく良さそうな場所から埋まって行きます。

花火開始まで夜店で腹ごしらえしたり、盆踊りに参加したり、思い思いに過ごします。

18:00 盆踊りスタート
 
20:00 花火打ち上げ

メインイベントである花火の開始!


柳瀬川方向から打ち上げ花火が上がります。

皆シートに座ったり寝転んだり、地域の花火大会なので立ち見になる事はほぼなく、ゆっくり見る事ができます。
 
途中「思い出花火」と言って、地元の企業の花火や家族からおじいちゃんに向けての花火などがアナウンス付きで上がります。

それぞれの方の思いが込められた花火には、ほのぼの胸が温かくなります。

21:00 終了

お祭りは浴衣でお出かけするのも素敵ですね♪

まとめ

地域のお祭りなのでこじんまりとしていますが、花火の迫力はなかなかのもの。

混雑する花火大会にはうんざり、真上にあがる花火をゆっくり見たい!と言う方なら、行って後悔は無いと思いますよ。

夏の終わりに花火鑑賞、お楽しみくださいね☆

こちらも併せてご覧ください~。
柳瀬川の花火で交通規制☆注意点や情報。志木からはバス?

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする