沖縄の大綱引き祭りはいつ?交通規制や渋滞は?レンタカー移動は?

沖縄県那覇市で行われる「大綱挽まつり」

10月の体育の日に合わせ、3日間に渡り開催されるこのお祭りには約30万もの人が集まります。

ギネス認定を受けた世界一の大綱挽は迫力満点!

こちらでは、お祭りの詳しい日程や交通規制や渋滞事情など、また沖縄での移動手段として必須のレンタカーについてもご紹介しています。

スポンサーリンク
  

沖縄の大綱挽祭りはいつ?

2017年度の日にちは下記のとおりです。

◆日時

10月7日(土)
10月8日(日)
10月9日(月)

11:00~21:00

◆開催場所

主な開催場所は下記の3か所です。

・国際通り
・久茂地交差点
・奥武山運動公園

初日は国際通りで地元のサークルや地域の団体などによるエイサーや芸能パレードで盛り上がります。

2日目は国際通りを旗頭行列が練り歩き、その後にいよいよメインイベント!ギネス認定を受けた大綱挽の開始です。

国道58号線の久茂地(くもじ)交差点を中心とした大綱の引き合いには誰でも参加できます。我こそは!と思われる方は早めに現地へ着くように向かいましょう~☆

◆大綱

この大綱は「米藁で製作された世界一の綱」として1995年にギネスに認定登録されました。

  • 全長186メートル
  • 総重量40.22トン
  • 綱直径1.58メートル
  • 手綱数236本

1万5千人が挽き合う様子はすごい迫力です!
老若男女を問わず国際色豊かな人々が多くやってきますので、大綱の周辺は大変な賑わいとなります。

大綱を引きたい場合は場所を確保しないとなんですが、さわれる場所に行ける人数は限られていますので、早めの行動が肝心ですね。手を擦りむいたりしないよう軍手も準備しておくと安心ですよ~。

また、奥武山総合運動公園ではお祭りの3日間に渡って「RBC市民フェスティバル&オリオンビアパラダイス」が行われます。ゲームやカラオケ大会、ちびっこ相撲、陸上競技場より打ちあがる花火など盛り沢山で楽しめまるので、いらしてみては??

スポンサーリンク

沖縄の大綱引き祭りで交通規制や渋滞は?

下記のような規制があります。

1日目 13:45~18:30
国際通り(安里三叉路~県庁前交差点)

2日目 11:30~14:00
国際通り(安里三叉路~県庁前交差点)
   
2日目 14:30~19:00
国道58号(松山交差点~泉崎交差点)


上記の時間に国際通りと国道58号が通行止めとなりますので、周辺道路は混雑します。ゆいれーるも多少の混雑はありますが、首都圏の猛烈ラッシュというほどのレベルではありません。なにより公共の交通機関なのでおすすめです♪

沖縄のレンタカー移動はできる?

国際通りや国道58号が通行止めになると、周辺の駐車場は早めに満車となります。
レンタカーで近くまで行って停めるのは無理と思っていた方が良いですね。タイミング次第でうまく停められればラッキーなくらいで考えておきましょう。

お祭りへ行く場合は、多少離れた場所に車を駐車してゆいレールで移動するのが良いです。

下車駅は、国際通りメインで攻めるなら「牧志」、58号ねらいで行くなら「県庁前」が便利です。

ご参考までに、イチオシのレンタカー会社ご紹介します。

「合資会社空港レンタカー」
khttp://kukou-rentacar.com/

こちらのレンタカー会社は出張時に利用していたのですが、会員登録することでネット価格よりも安く利用できるのがおすすめです。

那覇国際通りの観光情報はコチラへどうぞ♪

まとめ

秋の始めと言っても、那覇ではまだ暑い日もある時期ですね。
気温の調節ができる羽織もの(カーディガンなど)を用意しておくと安心です。

3日間のお祭りで楽しくリフレッシュです。迫力の大綱挽おおいに楽しみましょうね~。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする